CentOS6 このラボでの 前提条件

新規にサーバを構築しているので、前にも書いたようなことを追ってみる。

箱がi386(32bit Pentium-M)なのでCentOS7には移行できない。そしてCentOS6のインストーラはメモリが384k以上無いと起動してくれない。さらにインストーラがPAE(Physical Address Extension)を要求してくるのに、対象の箱ではPAEをサポートしていない。

ついでにkernelを新しいものにするとrebootしてあがってこなくなる。

version up すると動かしている機能を一通り検証しなおさなくてはいけない、などなど。

なのでここでCentOS6ときたら基本CentOS6.3だったりする。

# cat /proc/cpuinfo | grep pae

として出力があればpae対応なのでもうちょっと上のバージョンを使えるかもしれない。

とりあえず、現況環境では出力なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です