CentOS6 ntpdの設定

サーバの時間は合わせておいたほうがよいよねということで。

# yum -y install ntp ntpdate

# ntpdate ntp.nict.jp

26 Apr 07:58:18 ntpdate[6484]: step time server 133.243.238.243 offset -1.758437 sec

# vi /etc/ntp.conf

server centosうにゃうにゃを
server -4 ntp.nict.jp
に変更。

# service ntpd start
# chkconfig ntpd on

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ntp-a2.nict.go. .NICT.           1 u   28   64  377   24.062    1.981   0.379

remote 参照先サーバ

refid  参照先サーバの参照先

st     Stratum(ストラタム)大元の時計からどれだけリレーされているか

when    最後に同期した時間(sec)

poll     同期間隔。

reach   8進数の数字377= 11-111-111 で8回同期がされたことを示しています。

時刻が大きくずれたときにはntpdをとめてntpdateを実行する必要があります。
配下の機器のためにサーバになるにはiptablesでntpをあけておきましょう