CentOS6 zabbix3.2セットアップ

# mysql -uroot -p
create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
grant all on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'ighigopass';
\q
# cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.2.6/
# zcat create.sql | mysql -uroot -p zabbix

設定するファイルがどれだかわからなくなるけど rpmでインストールした場合

/etc/zabbix/web/zabbix.conf.php  を見るとよいみたい。

$DB[‘DATABASE’] = ‘zabbix’;
$DB[‘USER’]     = ‘zabbix’;
$DB[‘PASSWORD’] = ‘ichigopass’;

別の設定ファイルとして

/etc/zabbix/zabbix_server.conf

にもDBNameとかあるけど見てるんだかみてないんだか。mysqlにうまくつながらないときは/etc/zabbix/zabbix_server.confのsockを確認してみてもよいやも。

DBSocket=/var/lib/mysql/mysql.sock

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です