RHEL 8/CentOS8 tcp輻輳制御パラメータ

tcp 輻輳 に関して

対象

# cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux release 8.0 (Ootpa)

# sysctl -a | grep tcp
net.ipv4.tcp_allowed_congestion_control = reno cubic
<snip>
net.ipv4.tcp_available_congestion_control = reno cubic
<snip>
net.ipv4.tcp_congestion_control = cubic
<snip>

 

yumがdnfになって、cubicがbbrになるという速報を聞いたようですが、実装はちょっと違う?

kernel的には4.xでないと対応していないのでCentOS7 (kernel 3.x)ではどうしようもないですが、RHEL8ならパラメータをいじるだけ。mplsも4.x系 kernelから対応だったような。

# echo bbr > /proc/sys/net/ipv4/tcp_congestion_control

 

2019-10-15追記。

CentOS8もデフォルトはcubicallowedavailebbrが入っている?何も考えずにechoしていたかもしれないですが。ベアメタルでやっているとvmみたいに毎回作り直しとかないので安定したら確かめます。

 

# echo bbr > /proc/sys/net/ipv4/tcp_congestion_control
# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.0.1905 (Core)

# sysctl -a | grep bbr
net.ipv4.tcp_allowed_congestion_control = reno cubic bbr
net.ipv4.tcp_available_congestion_control = reno cubic bbr
net.ipv4.tcp_congestion_control = bbr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です