CentOS Ciscoデバイスにコンソール接続する

手元の端末がCentOS6だったのですが、そこでCiscoのスイッチの障害切り分けをする必要がでてしまいました。

いつも使っているUSB-DB9の変換ケーブルをさしてみるととりあえず認識していそうです。

/dev/ttyUSB0 ←こんなデバイス

wineを入れるとかの変更はできないのですが、cuくらいなら….ということでこっそり入れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です