Juniper SRX100 update

Juniper 社の Firewall 製品 SRX 。EOL品ですが junosが動きます。

まずは update 用のファイルを USB に入れます。 USB を入れると以下のようなメッセージがでたりします。

umass1: Kingmax USB2.0 FlashDisk, rev 2.00/11.00, addr 4
da1 at umass-sim1 bus 1 target 0 lun 0
da1: <Kingmax USB2.0 FlashDisk 1100> Removable Direct Access SCSI-4 device
da1: 40.000MB/s transfers
da1: 31000MB (63488000 512 byte sectors: 255H 63S/T 3951C)
Warning: number of clusters (1982465) exceeds FAT capacity (1982464)

次にUSBを mount します。デバイス的に da1 となっています。junosのファイルを/var/tmpとかにおいておきます。da1としか見えないのにmountはmsdosfs(fat)でさらにスライス1

root@chi-labo> show version
Hostname: chi-labo
Model: srx100b
JUNOS Software Release [12.1X46-D55.3]

root@chi-labo> start shell
root@chi-labo% mkdir /var/tmp/mnt
root@chi-labo% mount -t msdosfs /dev/da1s1 /var/tmp/mnt/
root@chi-labo% cd /var/tmp/mnt/
root@chi-labo% cp junos-srxsme-12.3X48-D30.7-domestic.tgz ../
root@chi-labo% cd
root@chi-labo% umount /dev/da1s1
root@chi-labo% exit
exit

Operationalモードに戻って reqest system software add します。

いきなりmkfsとかするのでびっくりしますが、普通の動作。rebootしてログインしなおし。

root@chi-labo> show version
Hostname: chi-labo
Model: srx100b
JUNOS Software Release [12.1X46-D72.2]

12.1X47以降については、メモリ容量とか足りないので、このsrx100bはX46までしかあがりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です